せっかく売るなら賢く売りたくありませんか?

住まいを売る契約の流れ

買換えなどで住まいを売却する際の流れ、手続きについてのポイントを紹介します。

1.依頼する不動産会社を選ぶ

自宅を売却する場合、自分自身で買手を探すこともできますが、親戚や知人に限られ、希望価格で売却することは難しいでしょう。

不動産会社に依頼すれば、広く買手を探せますし、価格や税金、取引の流れなどについて、広くアドバイスを得ることができます。いかに信頼できる不動産会社を選択できるかがポイントとなるでしょう。

買い換える住宅の販売や仲介を行う不動産会社に売却も併せて依頼すれば、売却できることが購入の条件のため、売却活動に力を入れてくれます。

また、自宅などに売主募集というようなチラシを入れてくる不動産会社には、そのような物件を求めている買い希望顧客がいる可能性があります。

一般的には上記のようなことが言えますが、売却を引き受ければ売る側の立場に立って販売を行ってくれます。最近では、不動産会社同士でのネットワークも広がっていますので、信頼できる会社だと思ったら、その不動産会社にお願いすればよいでしょう。

2.媒介契約の種類

売却を依頼する不動産会社が決まったら媒介契約を締結します。この媒介契約には以下の3種類があります。

(1)専属専任媒介契約

1社の不動産会社に売却を依頼するもので、売主が自ら発見した買手と売買契約を締結することはできません。つまり、売却を完全に任せることになるので、不動産会社の責任は重く、売却活動に力を入れてくれることでしょう。また、依頼者(売主)に対して一週間に一度以上の報告義務があります。契約有効期間は3ヵ月間です。

(2)専任媒介契約

1社の不動産会社に売却を依頼するものです。売主が自ら発見した買手と売買契約を締結することもできますが、不動産会社の売却活動にかかった費用負担は生じます。依頼者(売主)に対して二週間に一度以上の報告義務があり、契約の有効期間は3ヵ月です。

(3)一般媒介契約

複数の不動産会社に売却を依頼するもので、売主が自ら発見した買手と売買契約を締結することもできます。なお、これには依頼する他の不動産会社名を明示する「明示型」と明示しない「非明示型」とがあります。

売却を依頼された不動産会社は、これらいずれかの媒介契約書を作成、記名押印して、依頼者(売主)に交付することが義務付けられています。媒介契約が不動産会社と依頼者との間で成立していることを証明し、媒介報酬を巡るトラブルを防ぐためです。

●媒介報酬の上限

媒介報酬(仲介手数料)の上限は、売買価額が200万円以下の場合は5%、200万円超400万円以下の場合は4%+2万円、400万円超の場合は3%+6万円となっています(すべて消費税別途)。

3.売却活動の流れ

まず、売却条件を決めます。売出価格、引渡時期、広告方法など、不動産会社と相談して決定します。

次に広告活動です。インターネットや不動産会社間情報といった、それぞれの広告方法について間取り図や外観写真を提供するなど、不動産会社の広告活動に協力してください。

広告を行うと内見を希望する人が出てきます。不動産会社から連絡を受けたら、きれいに見えるように清掃しておきましょう。内見では、不動産会社が購入希望者の希望条件を把握した上で案内や質問対応を行いますので、内見に立ち会う場合においても、対応は基本的に不動産会社に任せるようにしましょう。土曜日や日曜日に自宅を開放し、自由に見てもらうオープンハウスを行い、早期に買手を見つける方法もあります。

4.契約のポイント

買手が決まったら売買契約を締結し物件を引き渡します。トラブルにならないためにも、売買契約書を作成し、売主・買主双方が署名捺印し、それぞれ保管しておく必要があります。この売買契約書は不動産会社と相談して作成することになりますので、以下の点に注意してください。

まず、手付金についてです。宅地建物取引業者が自ら売主となる場合以外は、手付金の額に制限はありません。しかし、売買価格の10%程度に設定するのが一般的です。

続いて、ローンについてです。売買契約を締結した後、買主がローンを借りられないことが判明した場合、契約を白紙に戻す、これをローン特約といいます。個人間取引においてもローン特約を付けることは多くなっています。また、買主がローンを利用する場合、金融機関によっては、売買代金総額を受領する前に買主への所有権移転登記や抵当権設定登記に応じなければならないケースがあります。ここでは、融資金を代理受領できるようにしておく必要があります。この場合は、売主・買主が連名で、融資を実行する金融機関に融資金を売主に直接交付してもらうための手続きを行います。

そして危険負担について取り決めます。売買契約から引渡しまでの間に火災などで(売主・買主双方に責任がない形で)損害が発生した場合、民法の規定では買主は代金を支払うことになっていますが、通常は、契約を解除する特約を付けるのが一般的です。これは、契約書に明記しておいた方がよいでしょう。

引渡時期については、買い換える住宅の入居時期に合わせることが大切です。仮に引渡しを買主に待ってもらう場合は価格を値引きするなどの交渉が必要になります。

5.物件を引き渡す

引渡しとは、物件の鍵を買主に渡すなどして、買主が物件を占有できる状態にすることをいいますが、所有権の移転登記とならぶ売主の基本的義務で、買主の代金支払いと同時に履行される関係にあります。

引渡しに際しては、目的物件が契約書の内容どおりかどうか、また物件の明渡しが完了しているかを確認するようにしてください。特に、契約のときに未完成だった場合は、事前に売主・買主双方立会いの上、物件をチェックすることが重要です。引渡し時に、固定資産税・都市計画税や公共料金の精算を行います。マンションの場合は、管理会社へ通知するとともに管理費や修繕積立金、駐車場などの専用使用料についても精算します。

また、建物については建築確認申請時の書類や検査済証、マンションの場合は管理規約や使用細則など、物件に関する資料や図面、物件の鍵を買主に渡します。

通常、登記は(登記識別情報)司法書士に委任して行いますから、売主から買主への所有権移転登記を行うための書類(権利証、委任状、印鑑証明書等)を司法書士に渡します。さらに、ローンが残っており、買主から残代金を受け取らないと債務を完済できない場合は、完済当日までに抵当権抹消登記の書類を金融機関などに用意しておいてもらうことが必要です。

梅雨が始まりそうですね・・・

いつもホームページをご覧いただきありがとうございます。

いよいよ梅雨突入な時期になってきました。

梅雨と言えばゴルフ頻度が減り
お客様の足元も悪くなるので若干の苦手意識があります( ;∀;)

でも四季を感じれるのが日本の良いところ!とポジティブにとらえて
お休みと重なったので若園のバラ園にいってきました!

これから雨が続きそうな中で晴天に恵まれバラの綺麗なパワーをいただけました。

戸建ての庭にバラ園なんてのも素敵ですよね。
手入れが大変そうですが・・・・(笑)

庭にバラ園!お客様のどんなご要望でも叶えるご提案をする
【住宅のプロフェッショナル】サニーエステート!!!

豊中、摂津、茨木でマンション売却から住宅購入まで
細部までこだわるサニーエステートにご相談ください。

ご来場予約やまずは相談だけでも!という方は
手軽なline@でも可能です

「買取り」を利用してスムーズに不動産売却

「買取り」を利用してスムーズに不動産売却

不動産の売却には仲介によるものだけでなく、不動産会社などが直接、買取りを行う場合もあります。

それでは、不動産の買取りの概要やメリットについてご紹介しましょう。

不動産の買取りとは何か

一般的な不動産の売却とは、不動産会社に仲介を依頼し、第三者である一般買主に対して不動産を売るというものです。この場合、仲介を担う不動産会社の役割は、宣伝活動を行い、買主を探すという販売活動のサポートになります。

 

 

一方、買取りとは、不動産会社が不動産を直接、買い取ってくれるものです。この場合、一般買主ではなく、不動産会社が売買契約の当事者になります。不動産会社が不動産を買い取り、リフォーム工事などを行った上で売主となり、再販売を行います。

 

買取りの一般的な流れは、以下の通りです。

 

1【調査・査定】    不動産の調査・査定を行います。

 

2【審査】       不動産会社で、購入可否の審査を行います。

 

3【購入条件提示】   不動産所有者に対して、購入価格・諸条件を提示します。

 

4【売却申込】     売却申込書に署名・捺印を行います。

 

5【売買契約締結】   不動産会社との間で不動産売買契約を締結します。

 

6【代金支払・引渡し】 代金支払いと同時に不動産の引き渡しを行います。

不動産買取りの最大のメリットは?

不動産会社が買い取りをする場合、一般的な売却と比べて、迅速に売ることができるというメリットがあります。一般的な売却の場合、販売活動に1~3ヵ月、売却の契約から代金の受取りまでに2~4ヵ月かかります。

 

一方、買取りの場合は、購入希望者を探す必要がないため、売却価格等の条件面での折り合いさえつけば、すぐに売却が可能です。数日で売買契約が成立する場合もあり、この迅速さが最大のメリットとなります。しかし、売却価格が安くなる傾向にあるというデメリットもあります。それでも、高めの価格設定をした場合、なかなか売れずに結局値下げをせざるを得なくなる、という事態も想定されますので、よく考えたうえで選択してください。

その他のメリット

この他買取りには、仲介手数料が不要になるというメリットもあります。不動産会社の仲介で不動産を売却する一般的な売却の場合、不動産会社に対して、仲介手数料を支払わなければなりません。この仲介手数料は、例えば、売却価格が2,000万円であれば最大66万円+消費税、売却価格が3,000万円であれば最大96万円+消費税となります。買取りの場合には、この仲介手数料が不要なのです。

 

また、一般的な売却の場合、買主が決まるまで、何組もの内覧希望者を迎え入れなければならないこともあります。これは、時間を拘束されますし、精神的な負担も大きいと考えられます。一方、買取りの場合、不動産会社による査定のみのため、一度部屋を見せるだけでいいという場合が多く、内覧対応の手間がなくなります。さらに、買取りの場合、当事者が二者になるので、手続きがシンプルになるというメリットもあります。

マンション売却で失敗しやすい代表的な5つ【失敗しない対策も伝授します】

中古マンションの売却にはさまざまな注意点があるって知っていますか?

実は失敗しやすい注意点ってあるんです。
今回はマンション売却でありがちな失敗例から、売却成功への道を学んでいきましょう!

マンション売却は失敗しやすい?
不動産業に携わっていない限り、マンションを売却するタイミングというのは人生でそうそう訪れるものではありません。よってマンションを売却する人の半分以上は未経験者であり、「マンション売却の結果に満足できなかった」「予定していた価格よりも低くなってしまった」という声も多いのです。
マンションの売却には非常に多くの要素が関わってくるため、知識や経験が不十分なまま進めてしまうと満足のいく結果にならないことがあります。

マンション売却にありがちな5つの失敗
では、マンション売却には具体的にどのような失敗があるのでしょうか。
また、そのような失敗をしないためにはどうしたらよいのでしょうか。

マンションを焦って売却してしまう
時間に余裕がないことは、マンション売却において失敗の大きな原因になります。
不動産業界には焦って安く売ってしまう「売り急ぎ」、逆に焦って高く買ってしまう「買い進み」という言葉があるように、購入も売却も必要な期間を短く見積もってしまうと失敗しやすくなるのです。

短期間の売却活動で満足のいく結果になることは滅多になく、マンション売却には少なくとも3ヶ月は必要だと考えておきましょう。また、契約から引き渡しまでも1ヶ月ほどかかるのが一般的です。トータルで4ヶ月ほどの期間はみておくべきで、全ての作業を終えるのに半年以上かかったというケースも少なくありません。
焦りは売り急ぎに直結しますので、時間的に余裕を持つのは非常に大切です。

査定額が相場とずれてしまっている
マンションの価格設定が相場とずれてしまっているのも失敗の大きな要因になります。不動産会社の甘い査定により、近くにある似たようなスペックのマンションの相場よりも高値がつけられてしまうとなかなか売れなくなってしまいます。売れないまま時間が過ぎてしまうと、今度はなんとしてでも売るために実際の価値よりも低い価格で売却してしまい、損をすることにも繋がります。
提示された価格が相場とあっているか判断できるよう、売り出すマンションの周辺にある似たようなマンションを調べて相場感をやしなっておくのがおすすめです。
また、査定額が適正だったとしても住宅ローンの残債の関係でもっと高い価格で売却することを希望するお客様もいらっしゃいます。しかし希望価格と実際に売れる価格は異なるため、高い価格をつけすぎるとそもそも相手にされないことも多いです。
マンション売却には、適正な売り出し価格を設定するのが一番いいでしょう。

最低売却価格を決めていない
特にできるだけ高く売りたいという方に多く見られるのが、最低売却価格を決めていなかったことで売却期間が長引いてしまうという失敗です。高く売り出そうとチャレンジ価格でマンションを売り出すときに最低売却価格を決めていないと、少し値下げしてくれたら購入したいという希望者は現れても元値では買い手が現れないことがあります。いくらなら売ってもいいのかを決めておかないと結局売却活動が長引いてしまうので、最低売却価格は不動産会社とよく相談した上で設定しておきましょう。
また、最低売却価格を決めておくことで値下げ交渉をされたときも落ち着いて対応することができます。事前にいくらまで下げることができるかを決めておき、利益を確保しましょう。

不動産会社選びに失敗している
不動産会社の中には「マンションの売却仲介可」としていながらも、中には一度もマンションを売ったことがないという会社もあります。特にマンションの売買は首都圏や大都市が占めているため、地方でマンション売却をする際はより不動産会社を慎重に選ぶ必要があります。
マンション売却では、不動産会社のサポートによって満足度が大きく左右されます。マンション売却は専門性が高いため、不動産会社を選ぶときは実績を見てマンション売却に強い会社を選ぶ必要があります。手っ取り早く知る方法は広告やホームページを見ることで、目立つ部分に中古マンションの分譲情報を載せている会社はマンション売却を強みにしている傾向があるので、比較的売買に強い可能性があります。
不動産会社を選ぶときは最初から1社だけに絞るのではなく、複数社を比較して検討すると失敗がより少なくなるでしょう。

内覧の対応をおろそかにしている
マンションを購入する際は内覧での印象が決め手になることが多いです。あまりにも傷や汚れが残っていると、せっかく希望者が現れても購入意欲を削いでしまうことに繋がります。
また、部屋の様子だけでなく希望者への対応も重要です。希望者からすると実際に住んだことのある人の意見は大きいので、内覧に立ち会って質問に答えてあげるなどの対応も大切です。

失敗から学んで理想のマンション売却を
経験豊富な不動産会社にマンション売却の仲介を依頼することで、さまざまなアドバイス参考にすることができます。
今回ご紹介した失敗例と対策を意識しつつ、気になる点はなんでも相談できる不動産会社を見つけてみてください。

吹田・豊中を中心に幅広いエリアに対応しているサニーエステ―トではマンション・戸建ての売却スペシャリストです。

まずは価格を知りたいなど些細なことでも良いので気になる方はご相談ください

  • 西福井の家、茨木、限定2区画
  • 摂津三島の家限定
  • 緑3丁目
  • 山田東2丁目前6区画

この感謝状は皆さまのおかげですm(_ _)m

いつもホームページをご覧いただきありがとうございます

営業の葉山です!

本日はまじめなご紹介になります。

この度、池田泉州銀行様より感謝状をいただきました!!!!

これからも

【須原らしい毎日をもっと楽しく】を理念に

お客様目線に応えれるプロフェッショナルパートナーとして
ご提案していきたいと思います!!!

豊中、摂津、茨木でマンション売却から住宅購入まで
細部までこだわるサニーエステートにご相談ください。

ご来場予約やまずは相談だけでも!という方は
手軽なline@でも可能です

#サニーエステート株式会社#吹田#北摂#不動産#池田泉州銀行#感謝状#お家探し#


より良いご提案をするために新潟研修へ

【吹田市山田東にある住宅のプロフェッショナル】
サニーエステートです!!!

いつもホームページをご覧いただきありがとうございます(^^)

今日はゴルフの紹介じゃないですよ!(笑)

本日、お伝えするのは・・・・

先日、うちの代表が新潟研修に行かれた様子を・・・・


と思いきや新潟研修のお土産!!!

蟹をいただいたのでその紹介ですw

今は通販でも蟹は買うことができますが
やはり新潟で購入した蟹は別格でした。

家族みんなで美味しくお腹いっぱい頂きました😆ご馳走様でした!🙏

マンション売却でありがちな失敗・・・・・5つの失敗を成功に変えるための対策方法

中古マンションの売却にはさまざまな注意点があります。
今回はマンション売却でありがちな失敗例から、売却成功への道を学んでいきましょう!

マンション売却は失敗しやすい?
不動産業に携わっていない限り、マンションを売却するタイミングというのは人生でそうそう訪れるものではありません。よってマンションを売却する人の半分以上は未経験者であり、「マンション売却の結果に満足できなかった」「予定していた価格よりも低くなってしまった」という声も多いのです。
マンションの売却には非常に多くの要素が関わってくるため、知識や経験が不十分なまま進めてしまうと満足のいく結果にならないことがあります。

マンション売却にありがちな5つの失敗
では、マンション売却には具体的にどのような失敗があるのでしょうか。
また、そのような失敗をしないためにはどうしたらよいのでしょうか。

マンションを焦って売却してしまう
時間に余裕がないことは、マンション売却において失敗の大きな原因になります。
不動産業界には焦って安く売ってしまう「売り急ぎ」、逆に焦って高く買ってしまう「買い進み」という言葉があるように、購入も売却も必要な期間を短く見積もってしまうと失敗しやすくなるのです。

短期間の売却活動で満足のいく結果になることは滅多になく、マンション売却には少なくとも3ヶ月は必要だと考えておきましょう。また、契約から引き渡しまでも1ヶ月ほどかかるのが一般的です。トータルで4ヶ月ほどの期間はみておくべきで、全ての作業を終えるのに半年以上かかったというケースも少なくありません。
焦りは売り急ぎに直結しますので、時間的に余裕を持つのは非常に大切です。

査定額が相場とずれてしまっている
マンションの価格設定が相場とずれてしまっているのも失敗の大きな要因になります。不動産会社の甘い査定により、近くにある似たようなスペックのマンションの相場よりも高値がつけられてしまうとなかなか売れなくなってしまいます。売れないまま時間が過ぎてしまうと、今度はなんとしてでも売るために実際の価値よりも低い価格で売却してしまい、損をすることにも繋がります。
提示された価格が相場とあっているか判断できるよう、売り出すマンションの周辺にある似たようなマンションを調べて相場感をやしなっておくのがおすすめです。
また、査定額が適正だったとしても住宅ローンの残債の関係でもっと高い価格で売却することを希望するお客様もいらっしゃいます。しかし希望価格と実際に売れる価格は異なるため、高い価格をつけすぎるとそもそも相手にされないことも多いです。
マンション売却には、適正な売り出し価格を設定するのが一番いいでしょう。

最低売却価格を決めていない
特にできるだけ高く売りたいという方に多く見られるのが、最低売却価格を決めていなかったことで売却期間が長引いてしまうという失敗です。高く売り出そうとチャレンジ価格でマンションを売り出すときに最低売却価格を決めていないと、少し値下げしてくれたら購入したいという希望者は現れても元値では買い手が現れないことがあります。いくらなら売ってもいいのかを決めておかないと結局売却活動が長引いてしまうので、最低売却価格は不動産会社とよく相談した上で設定しておきましょう。
また、最低売却価格を決めておくことで値下げ交渉をされたときも落ち着いて対応することができます。事前にいくらまで下げることができるかを決めておき、利益を確保しましょう。

不動産会社選びに失敗している
不動産会社の中には「マンションの売却仲介可」としていながらも、中には一度もマンションを売ったことがないという会社もあります。特にマンションの売買は首都圏や大都市が占めているため、地方でマンション売却をする際はより不動産会社を慎重に選ぶ必要があります。
マンション売却では、不動産会社のサポートによって満足度が大きく左右されます。マンション売却は専門性が高いため、不動産会社を選ぶときは実績を見てマンション売却に強い会社を選ぶ必要があります。手っ取り早く知る方法は広告やホームページを見ることで、目立つ部分に中古マンションの分譲情報を載せている会社はマンション売却を強みにしている傾向があるので、比較的売買に強い可能性があります。
不動産会社を選ぶときは最初から1社だけに絞るのではなく、複数社を比較して検討すると失敗がより少なくなるでしょう。

内覧の対応をおろそかにしている
マンションを購入する際は内覧での印象が決め手になることが多いです。あまりにも傷や汚れが残っていると、せっかく希望者が現れても購入意欲を削いでしまうことに繋がります。
また、部屋の様子だけでなく希望者への対応も重要です。希望者からすると実際に住んだことのある人の意見は大きいので、内覧に立ち会って質問に答えてあげるなどの対応も大切です。

失敗から学んで理想のマンション売却を
経験豊富な不動産会社にマンション売却の仲介を依頼することで、さまざまなアドバイス参考にすることができます。
今回ご紹介した失敗例と対策を意識しつつ、気になる点はなんでも相談できる不動産会社を見つけましょう!

吹田を中心に幅広いエリアに対応しているサニーエステ―トではマンション・戸建ての売却スペシャリストです。

まずは価格を知りたいなど些細なことでも良いので気になる方はご相談ください

  • 西福井の家、茨木、限定2区画
  • 摂津三島の家限定
  • 緑3丁目
  • 山田東2丁目前6区画

住まいを売る契約の流れ

買換えなどで住まいを売却する際の流れ、手続きについてのポイントを紹介します。

1.依頼する不動産会社を選ぶ

自宅を売却する場合、自分自身で買手を探すこともできますが、親戚や知人に限られ、希望価格で売却することは難しいでしょう。

不動産会社に依頼すれば、広く買手を探せますし、価格や税金、取引の流れなどについて、広くアドバイスを得ることができます。いかに信頼できる不動産会社を選択できるかがポイントとなるでしょう。

買い換える住宅の販売や仲介を行う不動産会社に売却も併せて依頼すれば、売却できることが購入の条件のため、売却活動に力を入れてくれます。

また、自宅などに売主募集というようなチラシを入れてくる不動産会社には、そのような物件を求めている買い希望顧客がいる可能性があります。

一般的には上記のようなことが言えますが、売却を引き受ければ売る側の立場に立って販売を行ってくれます。最近では、不動産会社同士でのネットワークも広がっていますので、信頼できる会社だと思ったら、その不動産会社にお願いすればよいでしょう。

2.媒介契約の種類

売却を依頼する不動産会社が決まったら媒介契約を締結します。この媒介契約には以下の3種類があります。

(1)専属専任媒介契約

1社の不動産会社に売却を依頼するもので、売主が自ら発見した買手と売買契約を締結することはできません。つまり、売却を完全に任せることになるので、不動産会社の責任は重く、売却活動に力を入れてくれることでしょう。また、依頼者(売主)に対して一週間に一度以上の報告義務があります。契約有効期間は3ヵ月間です。

(2)専任媒介契約

1社の不動産会社に売却を依頼するものです。売主が自ら発見した買手と売買契約を締結することもできますが、不動産会社の売却活動にかかった費用負担は生じます。依頼者(売主)に対して二週間に一度以上の報告義務があり、契約の有効期間は3ヵ月です。

(3)一般媒介契約

複数の不動産会社に売却を依頼するもので、売主が自ら発見した買手と売買契約を締結することもできます。なお、これには依頼する他の不動産会社名を明示する「明示型」と明示しない「非明示型」とがあります。

売却を依頼された不動産会社は、これらいずれかの媒介契約書を作成、記名押印して、依頼者(売主)に交付することが義務付けられています。媒介契約が不動産会社と依頼者との間で成立していることを証明し、媒介報酬を巡るトラブルを防ぐためです。

●媒介報酬の上限

媒介報酬(仲介手数料)の上限は、売買価額が200万円以下の場合は5%、200万円超400万円以下の場合は4%+2万円、400万円超の場合は3%+6万円となっています(すべて消費税別途)。

3.売却活動の流れ

まず、売却条件を決めます。売出価格、引渡時期、広告方法など、不動産会社と相談して決定します。

次に広告活動です。インターネットや不動産会社間情報といった、それぞれの広告方法について間取り図や外観写真を提供するなど、不動産会社の広告活動に協力してください。

広告を行うと内見を希望する人が出てきます。不動産会社から連絡を受けたら、きれいに見えるように清掃しておきましょう。内見では、不動産会社が購入希望者の希望条件を把握した上で案内や質問対応を行いますので、内見に立ち会う場合においても、対応は基本的に不動産会社に任せるようにしましょう。土曜日や日曜日に自宅を開放し、自由に見てもらうオープンハウスを行い、早期に買手を見つける方法もあります。

4.契約のポイント

買手が決まったら売買契約を締結し物件を引き渡します。トラブルにならないためにも、売買契約書を作成し、売主・買主双方が署名捺印し、それぞれ保管しておく必要があります。この売買契約書は不動産会社と相談して作成することになりますので、以下の点に注意してください。

まず、手付金についてです。宅地建物取引業者が自ら売主となる場合以外は、手付金の額に制限はありません。しかし、売買価格の10%程度に設定するのが一般的です。

続いて、ローンについてです。売買契約を締結した後、買主がローンを借りられないことが判明した場合、契約を白紙に戻す、これをローン特約といいます。個人間取引においてもローン特約を付けることは多くなっています。また、買主がローンを利用する場合、金融機関によっては、売買代金総額を受領する前に買主への所有権移転登記や抵当権設定登記に応じなければならないケースがあります。ここでは、融資金を代理受領できるようにしておく必要があります。この場合は、売主・買主が連名で、融資を実行する金融機関に融資金を売主に直接交付してもらうための手続きを行います。

そして危険負担について取り決めます。売買契約から引渡しまでの間に火災などで(売主・買主双方に責任がない形で)損害が発生した場合、民法の規定では買主は代金を支払うことになっていますが、通常は、契約を解除する特約を付けるのが一般的です。これは、契約書に明記しておいた方がよいでしょう。

引渡時期については、買い換える住宅の入居時期に合わせることが大切です。仮に引渡しを買主に待ってもらう場合は価格を値引きするなどの交渉が必要になります。

5.物件を引き渡す

引渡しとは、物件の鍵を買主に渡すなどして、買主が物件を占有できる状態にすることをいいますが、所有権の移転登記とならぶ売主の基本的義務で、買主の代金支払いと同時に履行される関係にあります。

引渡しに際しては、目的物件が契約書の内容どおりかどうか、また物件の明渡しが完了しているかを確認するようにしてください。特に、契約のときに未完成だった場合は、事前に売主・買主双方立会いの上、物件をチェックすることが重要です。引渡し時に、固定資産税・都市計画税や公共料金の精算を行います。マンションの場合は、管理会社へ通知するとともに管理費や修繕積立金、駐車場などの専用使用料についても精算します。

また、建物については建築確認申請時の書類や検査済証、マンションの場合は管理規約や使用細則など、物件に関する資料や図面、物件の鍵を買主に渡します。

通常、登記は(登記識別情報)司法書士に委任して行いますから、売主から買主への所有権移転登記を行うための書類(権利証、委任状、印鑑証明書等)を司法書士に渡します。さらに、ローンが残っており、買主から残代金を受け取らないと債務を完済できない場合は、完済当日までに抵当権抹消登記の書類を金融機関などに用意しておいてもらうことが必要です。

家の買い替えは、購入が先か売却が先か?

家の買い替えは、購入が先か売却が先か?

マイホームを買い替える際には、「購入が先か」「売却が先か」、迷うこともあります。どちらの方法を採ることもできますが、それぞれにメリット、デメリットがあります。では、それぞれの特徴を見ていきましょう。

資金が確保できるなら先の購入もおすすめ

資金に余裕がある場合、住み替えの時期を選ぶことができるので、先に購入を行った方がスムーズに進みます。先に購入を行う場合のメリットは次の通りです。

 

【メリット】

・マイホームの購入を先に行うので、住む場所の確保ができており、仮の住居を確保する必要がありません。住居の心配をする必要がなく、このことにより安心感が得られます。

 

・資金に余裕がある場合、時間をかけてゆっくり売却すればよいため、売却における価格交渉面で有利になります。

 

・住宅ローン返済後であれば、賃貸物件として利用しながら売却のタイミングを図るという手法も考えられます。これにより、賃貸収入を得ながら、時間をかけてゆっくり売却のタイミングを見ることができ、やはり売却を有利に進めることができます。

 

一方、先に購入を行った場合、売却によって得られる資金をまだ手にしていないため、新たなマイホームの購入資金をどうするのかが、問題になります。デメリットは次の通りです。

 

【デメリット】

・購入物件で住宅ローンを組む場合でも、売却物件とのローンが二重になることもあるので、やはり資金に余裕がないと難しくなります。

 

・資金に余裕がない場合、売却を急がなければならなくなることもあり、売却を有利に進めることができない可能性もあります。

先に売却して購入物件の頭金に回すことも

予算に制限がある場合、先に売却することで購入資金が決定するため、購入を検討する際にも予算が立てやすくなります。先に売却を行う場合のメリットは次の通りです。

 

【メリット】

・先にマイホームの売却を行う場合、売却益を新しいマイホームの購入資金に充てることができ、資金計画が立てやすくなります。実際に売却するまで、売却価格がいくらになるのかは予想が難しい面もあり、売却価格が決まってから新しいマイホームの購入を検討できます。

 

・住み替えの時期を決めていない買い替えであれば、時間をかけてゆっくり売却先を探すことで、有利な条件で売却をすることが可能になります。

 

・購入と売却の手続きが重ならないので、時間的に余裕ができます。

 

一方、先に売却を行った場合、仮の住居の手配などが問題になります。デメリットは次の通りです。

 

【デメリット】

・マイホームの売却をした後、新しいマイホームの購入をするまでの間、仮の住居を確保する必要が出てきます。

 

・仮の住居の観点からも、新しいマイホームの購入を急がなければならなくなる場合もあり、購入を有利に進めることができない可能性もあります。

売却と購入を同時に進める際の注意点

マイホームの買い替えは、売却と購入を同時に進めることができるのであれば理想的ですが、相当の調整力が必要になり、現実的ではありません。それでも、同時に進めることには利点があり、計画する段階から十分な調査と調整を行うことがベストです。その際には、次のような点に注意してください。

 

まずは、売却のスケジュールと購入のスケジュールを把握しておくことです。事前に準備をすることで、さまざまな問題をクリアにし、余裕のある対応ができます。そのためにも、まずはスケジュールをしっかり把握しておきましょう。

 

また、売却・購入の予定や進捗状況について、不動産会社や住宅ローンを組んでいる金融機関にも報告をすることが重要になります。状況を報告することで、トラブルを回避することも可能です。

 

さらに、同時進行の場合、タイミングが最重要事項になります。そのため、売買の条件面で妥協が必要になってくることもあります。必ずしも最適なタイミングでは売買が進まないことも考慮に入れ、資金繰りの計画には余裕を持たせることが、資金繰りが上手くいかないリスクを回避するためには重要なことです。

お庭に桜の木がある戸建てって憧れますよね

こんにちは サニーエステートの川島です(^^

今年も桜の季節がやってきました!!!

お店の向かいのお家の桜が今年もすごくきれいに咲いています。

いつもこの季節の桜をみるとお庭に桜の木があることに憧れます。
毛虫は怖いですがw

素敵ですよね。
3月4月と言えば卒業と入学シーズンに入り
このタイミングで住宅を購入される方や売却される方が増えてきます。

サニーエステートでは細部までこだわりお客様のご要望を最大限、叶えるご提案をしております。

売却もどのタイミングが良いのか
なにからはじめればよいのか

住宅に関することでしたらどんな些細なことでも
専門の精鋭スタッフがご対応いたしますので

ぜひご相談ください。

手軽なline@でも可能です