マンション売却でありがちな失敗・・・・・5つの失敗を成功に変えるための対策方法

中古マンションの売却にはさまざまな注意点があります。
今回はマンション売却でありがちな失敗例から、売却成功への道を学んでいきましょう!

マンション売却は失敗しやすい?
不動産業に携わっていない限り、マンションを売却するタイミングというのは人生でそうそう訪れるものではありません。よってマンションを売却する人の半分以上は未経験者であり、「マンション売却の結果に満足できなかった」「予定していた価格よりも低くなってしまった」という声も多いのです。
マンションの売却には非常に多くの要素が関わってくるため、知識や経験が不十分なまま進めてしまうと満足のいく結果にならないことがあります。

マンション売却にありがちな5つの失敗
では、マンション売却には具体的にどのような失敗があるのでしょうか。
また、そのような失敗をしないためにはどうしたらよいのでしょうか。

マンションを焦って売却してしまう
時間に余裕がないことは、マンション売却において失敗の大きな原因になります。
不動産業界には焦って安く売ってしまう「売り急ぎ」、逆に焦って高く買ってしまう「買い進み」という言葉があるように、購入も売却も必要な期間を短く見積もってしまうと失敗しやすくなるのです。

短期間の売却活動で満足のいく結果になることは滅多になく、マンション売却には少なくとも3ヶ月は必要だと考えておきましょう。また、契約から引き渡しまでも1ヶ月ほどかかるのが一般的です。トータルで4ヶ月ほどの期間はみておくべきで、全ての作業を終えるのに半年以上かかったというケースも少なくありません。
焦りは売り急ぎに直結しますので、時間的に余裕を持つのは非常に大切です。

査定額が相場とずれてしまっている
マンションの価格設定が相場とずれてしまっているのも失敗の大きな要因になります。不動産会社の甘い査定により、近くにある似たようなスペックのマンションの相場よりも高値がつけられてしまうとなかなか売れなくなってしまいます。売れないまま時間が過ぎてしまうと、今度はなんとしてでも売るために実際の価値よりも低い価格で売却してしまい、損をすることにも繋がります。
提示された価格が相場とあっているか判断できるよう、売り出すマンションの周辺にある似たようなマンションを調べて相場感をやしなっておくのがおすすめです。
また、査定額が適正だったとしても住宅ローンの残債の関係でもっと高い価格で売却することを希望するお客様もいらっしゃいます。しかし希望価格と実際に売れる価格は異なるため、高い価格をつけすぎるとそもそも相手にされないことも多いです。
マンション売却には、適正な売り出し価格を設定するのが一番いいでしょう。

最低売却価格を決めていない
特にできるだけ高く売りたいという方に多く見られるのが、最低売却価格を決めていなかったことで売却期間が長引いてしまうという失敗です。高く売り出そうとチャレンジ価格でマンションを売り出すときに最低売却価格を決めていないと、少し値下げしてくれたら購入したいという希望者は現れても元値では買い手が現れないことがあります。いくらなら売ってもいいのかを決めておかないと結局売却活動が長引いてしまうので、最低売却価格は不動産会社とよく相談した上で設定しておきましょう。
また、最低売却価格を決めておくことで値下げ交渉をされたときも落ち着いて対応することができます。事前にいくらまで下げることができるかを決めておき、利益を確保しましょう。

不動産会社選びに失敗している
不動産会社の中には「マンションの売却仲介可」としていながらも、中には一度もマンションを売ったことがないという会社もあります。特にマンションの売買は首都圏や大都市が占めているため、地方でマンション売却をする際はより不動産会社を慎重に選ぶ必要があります。
マンション売却では、不動産会社のサポートによって満足度が大きく左右されます。マンション売却は専門性が高いため、不動産会社を選ぶときは実績を見てマンション売却に強い会社を選ぶ必要があります。手っ取り早く知る方法は広告やホームページを見ることで、目立つ部分に中古マンションの分譲情報を載せている会社はマンション売却を強みにしている傾向があるので、比較的売買に強い可能性があります。
不動産会社を選ぶときは最初から1社だけに絞るのではなく、複数社を比較して検討すると失敗がより少なくなるでしょう。

内覧の対応をおろそかにしている
マンションを購入する際は内覧での印象が決め手になることが多いです。あまりにも傷や汚れが残っていると、せっかく希望者が現れても購入意欲を削いでしまうことに繋がります。
また、部屋の様子だけでなく希望者への対応も重要です。希望者からすると実際に住んだことのある人の意見は大きいので、内覧に立ち会って質問に答えてあげるなどの対応も大切です。

失敗から学んで理想のマンション売却を
経験豊富な不動産会社にマンション売却の仲介を依頼することで、さまざまなアドバイス参考にすることができます。
今回ご紹介した失敗例と対策を意識しつつ、気になる点はなんでも相談できる不動産会社を見つけましょう!

吹田を中心に幅広いエリアに対応しているサニーエステ―トではマンション・戸建ての売却スペシャリストです。

まずは価格を知りたいなど些細なことでも良いので気になる方はご相談ください

  • 西福井の家、茨木、限定2区画
  • 摂津三島の家限定
  • 緑3丁目
  • 山田東2丁目前6区画